桐本 泰一

(芸術専門学群卒業/1985年) 輪島キリモト・桐本木工所 代表・漆デザインプロデューサー

- 筑波大学卒業後、コクヨ株式会社意匠設計部入社。オフィス設計に従事後、家業の桐本木工所に入社。朴木地弟子修行を経て、漆器木地業を活かしながら、暮らしで使うための木製品、漆の器、家具、建築内装材などを手がける「輪島キリモト・桐本木工所」を創立。2004年三越日本橋本店5階に「輪島キリモト」出店。2007年集英社「SPUR」の能登半島地震復興スペシャルチャリティ企画にて「ルイ・ヴィトン」から依頼を受け、漆の六角形小箱「BOITE LAQUEE WAJIMA」のデザイン・製造監修担当。2008年桐本木工所が「元気なモノ作り中小企業300社」に選定。 出版:2005年「いつものうるし」(監修/ラトルズ刊)